Skip to main content

BC筋(球海綿体筋)はペニス増大に効果あり!PC筋も鍛えてペニスを強化!

ペニス増大を目指している人なら、BC筋(球海綿体筋)のトレーニングも欠かせません。PC筋と同じく、男性機能において重要な役割を果たしている体の部位なんですよ。聞きなれない人も多いでしょうが、本記事を見たら鍛えたくなること間違いなし!

BC筋(球海綿体筋)を鍛えてペニスを強化!

ペニスの能力を高めたい男性が鍛えたい部分として、BC筋(球海綿体筋)があります。同じく男性機能で重要な器官であるPC筋は聞いたことのある人もいるかもしれませんね。名称はなんだか似たような感じですが、どのような違いがあるのでしょうか?

BC筋とは?

球海綿体筋というインナーマッスル

BC筋は、ペニスの根本の位置にある筋です。陰嚢と肛門の間にあるので、ちょうど触って確かめることもできます。肛門を締めたときに動く筋肉がありますよね。

BC筋の働き

BC筋は射精するときに精液を強く押し出す動きに関連していて、BC筋を鍛えるほど射精する勢いが増します。また陰茎に血液を送り込むための役割も担っているので、BC筋が強いと力強い勃起ができるようになります。

PC筋とは役割が違う

PC筋はペニスに流れ込んだ血液が逆流しないようにとどめる水門のような役割を果たします。つまり血液をペニスに送り出すポンプがBC筋であり、勃起を維持するのに重要なのがPC筋ということになります。両方とも鍛えることで増大アップにつながりますね。

BC筋を鍛えると、こんな効果が!

ペニス増大・勃起力UP

BC筋が強力になれば、より多くの血液をペニスに送り込むことができます。集まる血液が多いほど勃起したときの大きさがUP!

射精の勢いが増す

BC筋は精液を外へ押し出す役割もあるので、射精の勢いも強くなります。

快感アップ

射精のときの快感もアップするので、性に対してもっと積極的になります。

BC筋(球海綿体筋)の鍛え方

肛門を締める→緩めるを繰り返す

BC筋を鍛える一番簡単な方法は、肛門を締める・緩めるの動作を繰り返すこと。息をゆっくり吸いながら5秒間締めて、逆に息を吐きながら5秒間緩めます。10回繰り返すのを1セットとして、1日3セット程度やりましょう。やり過ぎに注意してください。

BC筋とPC筋を一緒に鍛えると更に効果的

PC筋のトレーニング法

実は先ほどご紹介した肛門の動作は、PC筋のトレーニングにもなります。一緒にトレーニングができるので便利ですよね。また、ペニスをピクピクさせる動きをするのもおすすめ。時間がちょっとできたときにやることができて、他人にもわからないのでお手軽です。

股関節周りの強化にスクワットもおすすめ

PC筋を鍛えるには、下半身周りの筋肉を鍛えることも大切。そのために有効なトレーニングはスクワットです。スクワットは動作をゆっくりと行うことで効率的な筋トレになります。

 

肩幅ほどに足を開き、腰をゆっくりと沈めていき、太ももと地面が平行になったら止めて、逆にもとに戻していってください。スクワットも10回を1セットにして、1日2~3セット行いましょう。スクワットの負荷を強めたい方は、元の姿勢に戻すときに膝をある程度曲げたままにしてみましょう。膝を完全に伸ばすと筋肉を休めることになるので、伸ばさないことで鍛える時間が増えます。

ペニス増大にはポンプの使用やサプリも

さらにペニス増大を目指すトレーニングを行いたい人は、ポンプやサプリも活用してみましょう。

 

ポンプの利用方法

  1. ペニス増大ポンプで吸引しながら、おしっこを止める動作を5秒間行う
  2. 今度は逆におしっこをする動きを5秒間行う
  3. 締める・緩めるの動作を10回繰り返す

 

ペニス増大ポンプは敏感な箇所に外から刺激を与えるため、強くなりすぎないように気を付けてください。あまりに強い力を加えたり、長時間やりすぎたりしてしまうと、内出血などのケガをする可能性があります。少しでも痛みを感じたらすぐにストップしましょう!

 

ペニス増大サプリもいくつか販売されています。勃起力を改善するのに役に立つアルギニンや、精液・精子の量を増やせる亜鉛などが含まれています。それぞれ配合量・配合バランスには違いがあるので、いくつか調べてみてお気に入りのものを見つけてみてください。BC筋・PC筋を鍛えながらサプリも摂取すれば、男性機能の強化がより効率的になります。

BC筋とPC筋を一緒に強化してペニスを鍛えよう!

BC筋は血液をペニスに送り出すポンプのような役割と、射精のときに精液を外へ押し出す役割があります。男性機能の強化では、PC筋と一緒にぜひとも鍛えたい部位です。鍛える方法として手軽にできるのが、肛門を締めて緩めるの動作をリピートすること。ちょっと時間ができたときに手軽にできて、他人の視線も気にする必要がありません。さらにペニス増大を行いたい場合は、サプリなどの活用も検討してみてくださいね。